流産

【稽留流産】9週3日。茶オリが始まる。自然流産の始まり。

▼2020/1/12(9w3d)
9週1日で心拍が確認できなかった検診から2日たった日曜日の夜。

おりものシートに、茶色いものがつく。

朝から、ほんのり色がついてある気がしていたけど、
本当にほんのりだったから見間違えかと思っていた。

でも、残念ながら、
夜に出たのはしっかり茶色いおりものだった。

特に腹痛はなく、
シートにつくだけで鮮血でもないので、
その日はそのままお風呂に入って寝た。

▼2020/1/13(9w4d)
翌日、9週4日。

通常の生理だと、茶おりから翌日には鮮血に変わるので、
今回もそうなるのかと思ったけれど、

朝起きると茶おりは減っていた。

この期に及んで、

「もしかしたら、内診してもらったときの出血だったのかも…?」

という期待と共に普段通り過ごす。

でも、残念ながらお昼すぎ、

また茶おりがでて来た。

昨日の夜よりもはっきりと。

そして、昨日までとは種類の違う腹痛も始まった。

ついでに、なぜかつわりの吐き気も増すという謎。

「流産が始まったんだ」と思った。

まだごく微量で、腹痛も普通の生理痛よりも遥かに軽い。

でも、流産の説明はまだ受けていなかったので、
とりあえず病院に連絡。

「生理の2日目程度の出血が出たら来院してください。

胎嚢が出てきたら、それも持ってきてください。

それまでは、とにかく安静にして下さい」

と指示を受けた。

安静…。

明日は連休明け。

仕事はどうしよう…?

一応それも聞いてみた。

「仕事も休んだ方がいいレベルの安静ですか…?」

「そうです、安静にしてください」

私は、復帰してすぐに授かった子を
流産したという事実をまだ受け止めきれず、

正直「仕事へ行くのは辛い」と思っていた。

でも、仕事のスケジュール的に
休みをとるのは相当な迷惑がかかる時期でもある。

休んで職場に迷惑をかけるのが、

すごく申し訳ない。

でも、仕事中に大量出血したら、

陣痛レベルの腹痛が来たら、

対処できない。

仕方なく、事情も含めて職場に連絡。

その後、ネットで自然流産を検索しまくる。

「自然流産 仕事」

「自然流産 安静」

「自然流産 痛み」

「自然流産 いつまで」

「自然流産 茶おり」

こんなワードで検索しまくった。

調べた結果、

茶おりら始まった自然流産の体験談では、
完全に排出されるまで1~2週間かかる人もいるようだった。

そして、どの記事でも、

「陣痛のような激痛」だったとあった。

手術も、術前の処置が激痛。

自然流産も激痛。

どちらも辛い。

亡くなっているけど、出産なんだ。

また、悲しみが込み上げてくる。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です